どうして恋に落ちるのか モテる脳科学

2012年10月01日

印象付けるには寝る前の電話やメールが効果的☆睡眠と記憶の関係

koi14.jpg好きになった人に好かれたいのが恋の始まりです。

好意は以前の記事で紹介した『単純接触効果』が効果的です。

では、メールや電話をするとして『おはよう』と『おやすみ』はどちらの方が、効果があるのか脳科学的に考えてみました。

この記事の続きを読む
posted by 恋するママ at 23:29| Comment(0) | 恋する脳科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

人の好みはその人の過去を見れば分かる

koi8.jpg性欲とテストステロンの項では、ヒトは左右対称形の顔・姿・形に惹かれると書きました。

しかし、それだけでヒトの好みが決まれば、みんながみんな同じ異性を好きになり、争いが起こり、やがて滅んでしまうでしょう。

ヒトは確かに左右対称形の顔立ちに惹かれますが、好みは人ぞれぞれで微妙に異なります。

それ故に様々なカップルが出来、人々は滅ばなくて済むのです。

では、この好みはどのように形成されるのでしょうか
この記事の続きを読む
posted by 恋するママ at 17:42| Comment(0) | 恋する脳科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

恋愛感情をさらに刺激する方法

koi.jpg恋愛感情をさらに刺激するには、言語野に働きかけましょう。

言葉はコミニュケーションを取る上で、とても大事なツールです。

最近はメールで愛を伝えることが多いですが、これは視覚からの情報です。

恋愛感情を刺激したいのであれば、聴覚(耳)からも刺激しましょう。
この記事の続きを読む
posted by 恋するママ at 22:52| Comment(0) | 恋する脳科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

恋愛感情を刺激する方法

koi11.jpg男と女は親密さを感じる上でも、異なっています。

今回は恋愛感情を刺激するために必要な、親密さを高める方法を紹介します。
この記事の続きを読む
posted by 恋するママ at 17:12| Comment(0) | 恋する脳科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

恋愛刺激方法

koi1.jpgマンネリ化した恋愛、また煮え切らない間柄の場合、一気に恋愛感情を高める方法があります。
この記事の続きを読む
posted by 恋するママ at 00:18| Comment(1) | 恋する脳科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋愛状態は中毒状態

koi.jpg恋愛をしている時、脳内ではPHE(フェニルエチルアミン)という物質が大量に発生していると考えられています。

このPHEはアンフェタミンのような乱用ドラッグと同じような物質で、大脳辺縁系中心部の報酬システムを活性化します。
この記事の続きを読む
posted by 恋するママ at 00:13| Comment(0) | 恋する脳科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

環境の変化でもテストステロンは上昇する

koi3.jpg感情的になっている時期、人間は恋になびきやすくなっています。
環境の変化は人間の脳を刺激し、正常な判断が出来ない混乱状態を起こしています。
この記事の続きを読む
posted by 恋するママ at 00:03| Comment(0) | 恋する脳科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

女性が性的に高まる時

koi11.jpg女性にも男性同様にテストステロンは存在しますが、普段は女性ホルモンのエストロゲンなどの陰に隠れて性衝動は抑えられていますが、月経周期に関係し上昇すると言われています。
この記事の続きを読む
posted by 恋するママ at 23:55| Comment(0) | 恋する脳科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

性欲ホルモン -テストステロン-

koi12.jpg男性ホルモン、特にこのテストステロンの血中濃度が高いと性的活動が活発になると言われています。

このテストステロンレベルの上昇には以前の記事のドーパミンも影響しています。
この記事の続きを読む
posted by 恋するママ at 22:14| Comment(1) | 恋する脳科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。